冬の”指先の乾燥やひび割れ”はコレで防ぐ!

こんにちは!

浦和・南浦和のネイルサロン 
フアリネイル
江森まさこです。

 

少しずつ、日が伸びてきましたね♪
春も少しずつ、近づいている様で
とてもうれしいです(^^)

 

今日、1年以上ぶりに”ヨガ”に行ってきました。
バタバタと準備して行ったら・・・
なんと、Tシャツの表裏が反対!

 

先生に教えていただくまで、気が付かず
本当にうっかりです・・・(^^;)

 

 

最近暖かくなってきた気がしますが、
まだまだ寒い日も多いですよね。

 

こんな日は、体や手、色々な部分の
乾燥がひどいです。

 

 

指先も、乾燥していませんか??

 

ハンドクリームを塗っても塗っても、
乾燥するスピードのほうが速くて
なかなか追いつかない方も多いのではないでしょうか??

 

指先が乾燥すると、ガサガサになりますが、
それ以上に怖いのが、
”ひび割れ”てしまったりすることです。

 

ガサガサ、ひび割れ。
痛いですよね~!!

 

そのガサガサとひび割れ、
ハンドクリームやオイルを塗るだけではなく、
ちょっとしたことで防ぐことができるのです。

それは・・・
『爪の切り方』
です。

cut1

 

通常、爪が伸びてくると↓のようになります。

cut2

<豆知識>
爪のピンクの部分と先端の方の白っぽい部分の
境目にある黄色っぽい境目を
ネイル用語では、『イエローライン』と言います。

 

長めの長さに慣れている方は、良いのですが、
短い長さがお好みの方は
爪切りでぐっと長さを短くするかと思います。

 

cut3
↑こんな風に、ピンクの部分と爪の白い部分(イエローライン)
ぎりぎりの所で切って、
指の先端より短くなることが。

 

このくらい短く切ると、
指の先端のお肉の部分が丸見えになります。

 

この状態だと、何かする時、何かを掴んだりする時、
指の先端が直接刺激を受けることになります。

 

また、紙や布などに触れる機会が多いと
指の先端の油分が取られてしまいます。

 

すると、より乾燥してしまうのです・・・

 

この乾燥がひどい季節には、
指先が直接刺激を受けることを避けることをおススメします。

 

cut4
爪を切る時に、↑こんな風に切ります。

 

イエローラインできっちり短く切るのではなく、
”指先から少し爪が出るくらいの長さを残す”
ように切ります。

 

こうすることで、指先が刺激を受けたり
布や紙に触れて油分を奪われることも少なくなるのです。

 

私も、子育てで全く爪の長さを伸ばせなかった時、
指先より短く爪を切っていました。

 

その時は本当に、指先ガサガサでした。
ひび割れも、何本も。
痛かったー!!

 

しかし、爪を少しずつ伸ばせるようになり
指の先より長めに保つようになったら
格段に指先ひび割れの頻度が減りました♪

 

ですから、この時期、乾燥がひどい時期は
ぜひほんの少しだけでいいので、
爪を切る時に、指先より長めに切ってみてくださいね♪

cut4
↑こんな感じです(^^)

 

 

本日も、最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

 

ネイルを通して、
笑顔になれますように♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です